歯並びの乱れが体の不調の原因に~矯正歯科~

  • 大
  • 小

歯並びの乱れが体調に悪影響を与えます

歯並びの乱れが体調に悪影響を与えます

歯並びの乱れは、見た目がよくないだけではありません。歯並びや?み合わせが悪いと、むし歯や歯周病になりやすい、正しい発音ができない、顔や体がゆがんでしまうといったトラブルを招くことがあります。なかには原因不明の頭痛・腰痛・肩こり・めまいなどが矯正治療で改善されたというケースもあるほど、歯並びや噛み合わせは全身の健康にとって重要なのです。

歯並びの乱れがもたらす悪影響

歯への影響 ブラッシングで汚れを落としにくくなるので、むし歯や歯周病といったトラブルを招きやすくなります。
咀嚼への影響 前歯で噛み切ることや奥歯で噛み砕くことがうまくできないため、胃腸に負担がかかって消化器系の病気になりやすくなります。
発音への影響 空気が漏れをコントロールできないために、正しい発音ができないことがあります。
見た目への影響 口元にしまりがなくなり、口を開けたときの印象が悪くなります。また、偏って噛むクセがつくと顔や体がゆがんでしまいます。
全身への影響 噛み合わせがよくないことが、頭痛・腰痛・肩こり・めまいなどの原因になっているケースもあります。
精神面への影響 歯並びの乱れがコンプレックスになると、性格が内向的になったり消極的になったりすることもあります。

歯並びは私たちの心身に大きな影響を与えています。矯正治療によって歯並びや噛み合わせを整えることは、見た目の美しさを得るだけにとどまらず、全身の健康維持にもつながるのです。

歯並びの乱れをチェックしましょう

歯並びの乱れにはいろいろな種類があります。ご自身やお子さまの歯並びを下のイメージと比べてみてください。あてはまるようでしたら、相模原市の歯医者「ビレッジ歯科クリニック」に一度ご相談ください。まずは画面をクリックしてみましょう。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

「出っ歯」ともよばれる、上の前歯が大きく前に突き出している状態です。出ているのは前歯だけの場合、歯列全体の場合、もしくは上顎ごとの場合があります。原因もさまざまで、遺伝のほか、上下顎の成長のバランスの崩れ、指しゃぶり、口呼吸などが考えられます。

反対咬合(はんたいこうごう)

反対咬合(はんたいこうごう)

「受け口」ともよばれる、下の歯が上の歯より前に出ている状態です。下顎の過度な成長や上顎の成長不足など骨格に問題がある場合と、上の歯が後方に傾斜して起こる場合があります。発音が不明瞭になったり、噛む力が弱くなったりする傾向があります。

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下の歯列がともに前に突き出ている状態です。唇が閉じにくく、転倒したときなどに前歯が折れたり、口腔内が傷つきやすくなったりします。

空隙歯列(くうげきしれつ)・正中離解(・せいちゅうりかい)

空隙歯列(くうげきしれつ)・正中離解(・せいちゅうりかい)

「すきっ歯」ともよばれる、歯と歯の間にすき間がある状態です。あごに対して歯が小さい場合や、歯の本数が足りない場合に起こりやすくなります。食べものが挟まりやすかったり、目立ったりします。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

歯並びがデコボコにズレていたり、重なって生えていたりする状態です。あごが歯に対して小さく、きれいに並ぶスペースが足りない場合に起こりやすい歯並びで、「八重歯」がその代表です。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)

正面から見て、下の歯が見えないくらい上の歯が深く被さっている状態です。食べものが噛みづらい、発音がしづらいなどが問題になることがあります。

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合(こうさこうごう)

左右いずれかの上下の歯並びが一部だけズレて、スライドするように交叉している状態です。奥歯で食べものをすりつぶす動きが阻害されやすいうえ、前歯の中心がズレたり顔がゆがんだりする恐れがあります。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

奥歯を噛み合わせたとき、上下の前歯が閉じずに開いている状態です。前歯が開いているために食べものを噛み切ることが難しく、空気がもれて発音に影響することもあります。指しゃぶりや口呼吸が原因となることが多いといわれています。

  • 上顎前突(じょうがくぜんとつ)
  • 反対咬合(はんたいこうごう)
  • 上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)
  • 空隙歯列(くうげきしれつ)・正中離解(・せいちゅうりかい)
  • 叢生(そうせい)
  • 過蓋咬合(かがいこうごう)
  • 交叉咬合(こうさこうごう)
  • 開咬(かいこう)

美しい歯並びはEラインです

美しい歯並びはEラインです

Eライン(エステティック・ライン)、それは美しい横顔の基本とされるラインです。このラインは、鼻の頭からあごの先を結ぶ直線のことで、この内側に上下の唇が収まっているのが美しい横顔の条件といわれています。

欧米人に比べて鼻が低い日本人の場合、唇がEラインより少し前に出ていても不自然ではありませんが、極端に外側や内側にズレている場合は何かしらの原因が考えられますので、ご相談ください。

Eラインに唇が収まっている横顔 Eラインに唇が収まっていない横顔
Eラインに唇が収まっている横顔 Eラインに唇が収まっていない横顔

矯正治療の流れ

STEP1初診
患者さまの歯に関するお悩みをうかがい、視診・触診させていただきます。そのうえで、歯科医の立場からアドバイスをいたします。疑問点などはお気軽におっしゃってください。
STEP2検査・診断
むし歯・歯周病などのチェックのほか、口腔内写真の撮影、口腔内の模型の作製、顔や口元のバランス・噛み合わせの検査を行い、患者さまのご要望もふまえて治療計画を立てます。予想される治療期間や治療の流れ、費用などについてできるだけくわしくご説明します。
STEP3治療開始
矯正装置を取り付けるなど治療を開始します。治療期間中は装置の調整などが必要になるので、定期的にご来院いただきます。
STEP4保定
歯が正しい位置に移動したら、後戻りを防ぐために取り外し可能な保定装置を使用し、歯並びと噛み合わせを安定させます。
STEP5治療終了
歯列が安定したら治療終了です。治療後は、メインテナンスのために定期検診にお越しください。

当クリニックの症例紹介

相模原市の歯医者「ビレッジ歯科クリニック」での矯正症例についてご紹介します。当クリニックでは毎月1~2回、矯正の専門医を招いて治療を行っています。高度な治療・難症例にも対応できますので、気になる歯並びのことはお気軽にご相談ください。

CASE1 お子さまの矯正治療(セラミックブラケットを使用)
  • CASE1 お子さまの矯正治療(セラミックブラケットを使用)
  • CASE1 お子さまの矯正治療(セラミックブラケットを使用)
CASE2 成人の方の矯正治療(セラミックブラケットを使用)
  • CASE2 成人の方の矯正治療(セラミックブラケットを使用)
  • CASE2 成人の方の矯正治療(セラミックブラケットを使用)

お問い合わせはこちら ビレッジ歯科クリニック / 相模原駅から徒歩5分 042-753-7788